乾燥肌の根本原因は何?

乾燥肌の原因は何なのでしょうか?
いくら保湿をしても乾燥してしまう肌…。
スキンケアを変えても乾燥肌が改善しないのはワケがあります。

 

まずは、スキンケアに配合されている成分に注目!
ただただ化粧水で水分だけを与えても意味がありません。
水分保持機能が低下している肌に水分を与えても蒸発してしまうのです。

 

そこでやはり化粧水から、乳液、美容液、パックなどトータルで考えなくてはなりません。
ここで大切なのが、配合されている成分なのです。

 

実は肌乾燥の根本原因はバリア機能の低下です。
バリア機能が低下してしまう原因はここでは割愛しますが、このバリア機能が肌が乾燥してしまうのを守っているのです。
バリア機能とはセラミドです。
かなり簡単な説明になってしまいますが、セラミドは砂漠にいても肌を乾燥させない力があります。
赤ちゃんの肌がぷるぷるなのも、このセラミドがぎっしり詰まっていてキレイに並んでいるからです。

 

セラミドは、年齢と共に減少します。
セラミドが減少すると、角質層に隙間ができて内部の水分や保湿成分が蒸発します。
肌は過敏になり、かゆみやヒリヒリ感などの皮膚トラブルが起こります。

 

保湿の鍵は実はセラミドなのです。
ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなどの肌の組成成分は、真皮にあります。
セラミドはその真皮の上の層の表皮にあります。

 

セラミドは肌の中でダイナミックに水分を保持する力があるので、まずはセラミド配合の化粧品をオススメします。
ある程度乾燥が落ち着いた後は、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿効果の高い化粧品でのスキンケアをオススメします。