乾燥肌 スキンケア

乾燥肌スキンケア

乾燥肌におすすめな人気保湿スキンケア

乾燥肌のスキンケアに人気度の高いスキンケアを特集しています。

 

当サイトはこんな方におすすめです!

  • 乾燥肌を治したい
  • 乾燥肌に効果的なスキンケアを知りたい
  • 乾燥肌でニキビや毛穴が目立つのを何とかしたい

などの乾燥肌に関するお悩みの方は是非参考にしてみてください。

 

また、乾燥肌にできるニキビや毛穴トラブル、シミやくすみなどの肌トラブルも合わせて解消できるスキンケアも是非参考にしてみてください。

 

まずは、乾燥肌の改善に人気の高いスキンケアの選び方からご説明します。

 

乾燥肌のスキンケアの選び方3つのポイント

乾燥肌を改善できてしっとりとうるおいのある素肌になるには、スキンケアの選び方が重要です。

 

乾燥肌のスキンケア選びの3つのポイントとは、

  • 選び方① セラミド配合化粧品を選ぶ
  • 選び方② 自活保湿成分をチェックする
  • 選び方③ 低刺激または刺激がない処方を選ぶ

 

では、乾燥肌のスキンケア選びの3つのポイントを簡単にご説明しますね。

 

選び方① セラミド配合化粧品を選ぶ(セラミドを補う)

セラミドは、皮膚のバリア機能の働きをしています。

 

例えば、レンガが細胞ならその隙間を埋めているのがセラミドになります。

 

乾燥肌は、このセラミドがスカスカの状態で不足しているため、お肌の水分を保持する力がありません。

 

乾燥肌の改善には、セラミドを補うか、またセラミドを作り出す力を高めるか、の2つになります。

 

セラミド配合化粧品を選ぶ理由は、「セラミドが瞬時に肌になじみ保湿力を高めてくれる」という効果があります。

 

乾燥肌を解消できるセラミド配合のスキンケアは、2つあります。

  1. ヒト型セラミド配合化粧品
  2. セラミド産生成分配合化粧品

 

人と同じ型のヒト型セラミドが配合されている化粧品で、セラミドを補うか、

 

セラミドを自ら作り出す成分が配合されている化粧品で、加齢で減少するセラミドを作り出すか、

 

ということです。

 

ヒト型セラミドとは、
人間の体内にもともと存在し角層細胞間脂質を構成しているセラミドと、同一の化学構造をもち、かつ同一の光学異性体であるものを「ヒト型セラミド」といいます。「擬似セラミド」「糖セラミド」など数あるセラミド類の中で、「ヒト型セラミド」は肌への親和性が最も高く、肌の細胞間脂質のラメラ構造形成に有用とされています。さらに「ヒト型セラミド」のみを用いると規則正しく配列することが期待できますが、異なる異性体(非ヒト型セラミド)と混合して用いると規則正しく配列することが期待できません。

 

引用元:http://macro.chem.t.u-tokyo.ac.jp/Ms._Tashiro/Ms._Tashiro_files/ヒト型ナノセラミド開発技術リリース.pdf(富士フイルム)

参考:アスタリフト 富士フイルム

 

 

ヒト型セラミドの肌への親和性は以下の画像をご覧ください。

↓↓↓↓↓↓

ヒト型セラミドヒフミド

ヒト型セラミドはピッタリはまる

参考:ヒフミド公式 小林製薬

 

このように、セラミドの中でもヒト型セラミドは皮膚と同じ構造をして肌なじみが良いので、お肌につけると乾燥肌のスカスカ状態の密度が上がります。

 

セラミドの密度がビッシリのお肌になれば、乾燥やかゆみを感じたりしません。
肌も強くなり、乾燥トラブルに負けない若々しい肌でいられます。

 

ヒト型セラミドトリニティーライン

うるおいに満ちた肌に

画像参考:トリニティーラインジェルクリームプレミアム

 

セラミド配合化粧品

セラミド配合化粧品を選ぶ時は、
  • ヒト型セラミド

が配合されている基礎化粧品を選びましょう。

 

乾燥肌におすすめヒト型セラミド配合化粧品4選

アスタリフト
アスタリフト 富士フイルム

アスタリフトに配合されているヒト型セラミドは、富士フイルムが独自開発したもの。それをまた独自のナノテクノロジーで極小サイズのセラミドにして「ヒト型ナノセラミド」を生み出しました。「ヒト型ナノセラミド」と「ヒト型ナノアシルセラミド」の2種類の働きの異なるセラミド配合し、水分保持力を高め、うるおいを肌にキープします。

 

→アスタリフト(ASTALIFT)【富士フイルム】詳細ページ

ヒフミド小林製薬
ヒフミド 小林製薬

ヒフミドは小林製薬が開発したセラミド化粧品。全品にヒト型セラミド1・2・3を配合しています。特に、エッセンスクリーム(保湿クリーム)には3種類のヒト型セラミドが4%も配合され、乾燥小ジワ目立たなくする効果があります(効能評価試験済み)。乾燥した肌にしっかりとうるおいを与え保湿力とハリ・・ツヤ・弾力を回復させます。

 

ヒフミド 小林製薬詳細ページ

セラミド配合化粧品ディセンシアつつむ
ディセンシア つつむ

ディセンシア つつむのヒト型セラミドは、ナノサイズのカプセル状にしているので、浸透するうちにさらにほぐれ、隙間だらけになった角層のすみずみまで浸透し保水機能を高めます。うるおいが不足した部分にパズルのようにはまり、効率的にセラミドを補給できるので、即効性のうるおい肌を実感できます。

 

ディセンシア つつむを見てみる

セラミド配合化粧品NOV/ノブⅢ常盤薬品
NOV/ノブⅢ 常盤薬品

NOV/ノブⅢは、天然型セラミド3配合化粧品です。セラミド3は水分をはさみ込んでうるおいを保つ働きをします。セラミド液晶化技術により、セラミド3を皮膚の細胞間脂質を似た構造にすることで角層への浸透力を高め、皮膚のバリア機能をサポートすることができます。特に、天然型セラミド配合高保湿美容液はセラミド配合量最大で、乾燥がひどい肌もしっとりもちもち肌に導きます。

 

NOV/ノブⅢシリーズの詳細ページ

 

選び方② 自活保湿成分をチェックする(セラミドを増やす)

乾燥肌に足りないのは、保湿力。

 

ですので、保湿力を高めることができる自活保湿成分もチェックしましょう。

 

以下の成分は、セラミドを増やすことができる成分です。

 

  • ライスパワーNo.11(有効成分)
  • 3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸(保湿型ビタミンC誘導体)

 

まず、ライスパワーNo.11の説明を簡単にします。

 

ライスパワーNo.11(有効成分)
国産100%のお米から抽出したエキスを、90日間もかけて発酵させてできる「ライスパワー®No.11」。

セラミドを産生することができ、日本で唯一肌の水分保持能を改善できる成分として認められています。

 

引用元:米肌公式ページ

 

ライスパワーNo.11は、セラミドを増やし水分保持機能改善効果があると認められている成分。

 

ライスパワーNo.11配合化粧品は、医薬部外品に分類されます。

 

ライスパワーNo.11(有効成分)の効果

ライスパワーNo.11は、角層の奥深くまで浸透し、セラミドを作り出すサポートをします。

 

セラミドが増えると、水分を保つ力に働きかけ、保湿力を高め潤いを持続させる効果を発揮します。

 

その結果、乾燥肌が改善されしっかりとうるおいのある素肌に導くことができます。

 

乾燥小ジワが解消され、シワやたるみを防ぎ、キメが整います。

 

毛穴の開きを目立たなくなり、つややかな明るい肌へ導く効果が期待できます。

 

 

次は、3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸(保湿型ビタミンC誘導体)の説明を簡単にします。

 

3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸(保湿型ビタミンC誘導体)とは

3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸(保湿型ビタミンC誘導体)は、先端研究から2015年に誕生したアスコルビン酸とグリセリンが融合した最新の先進成分です。

 

最新の3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸(保湿型ビタミンC誘導体)には、セラミド産生促進効果があります。

参考文献:診療と新薬・第53巻第9号(化粧水のみ使用での肌に対する長時間保湿効果より)

 

上記の実験に使われた化粧水は、

↓↓↓↓↓↓

ビーグレンQuSomeローション

17時間保湿を実現!

 

乾燥肌におすすめ自活保湿成分配合化粧品2選

米肌
米肌(まいはだ)

ライスパワーNo.11を配合したコーセープロビジョンの高保湿スキンケア。ライスパワーNo.11は医薬部外品の有効成分として肌潤改善エッセンス(美容液)に高配合され、その他の石けん・化粧水・保湿クリームには保湿成分として配合さてています。ライスパワーNo.11を全アイテムに配合しているので、毎日スキンケアしているだけで潤い肌に変わっていきます。乾燥改善だけではなく肌荒れ・毛穴・ほうれい線まで効果が出ます。

 

米肌で乾燥肌改善の詳細ページ

ビーグレン乾燥・保湿ケア
ビーグレン 乾燥・保湿ケア

3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸(保湿型ビタミンC誘導体)を配合したビーグレンQuSomeローションがおすすめ!長時間保湿を実現し、なんと17時間保湿という非常に長い時間、角層のすみじみまでうるおい肌構造の乱れにアプローチできる。その結果、エイジングサインや美白作用も効果を実感でき、化粧水1本で加齢に戦うこともできるし、後で使う美容液やクリームの効果も高める!

 

【ビーグレン】乾燥肌・保湿ケア詳細ページ

乾燥肌が続くなら使っている保湿スキンケアの見直しを!

保湿スキンケアを使っているのに乾燥肌が改善しない時は、スキンケア商品の見直しが必要です!

 

なぜなら、乾燥肌を改善する力がない保湿スキンケアを使っている可能性があるからです。

 

ですので、今まで使ってきたスキンケアラインでお肌の潤いを感じれなくなった時は、今後のスキンケアの見直しの時期です。

 

見直し方1、年齢に合わせた保湿スキンケアをしているか

お肌は年齢や体調によって、日々変わります。

 

加齢で肌内部の保湿成分が減少&劣化すると、お肌はうるおいを保持する力が低下します。

 

そして、乾燥肌は肌表面に出てくる前から皮膚深部では、外的要因・内的要因を受け、乾燥トラブルが作り続けられているんです。

 

ですので、年齢に合わせた保湿ケアでお肌の水分保持力をキープするように対策をすることが必要です。

 

見直し方2、季節に合わせた保湿スキンケアをしているか

季節によって、お肌の水分量は変化します。

 

水分量が一番低いのは、冬。

 

水分量が一番高いのは夏ですね。

 

ですので、外気の乾燥がひどくなる冬前には、高保湿スキンケアに切れ変えるなどの対策がおすすめです。

 

しかし、夏でもエアコンがきいた室内に居たり、手抜きスキンケアをしていると、肌の水分量は低下します。

 

夏でも保湿は命ですので、やはり季節に合わせたスキンケアの見直しは必須になります。

 

見直し方3、お肌の不調が続く時は緊急でスキンケアを切り替えること!

さらに、環境の変化や体調などに対しても、お肌の不調トラブルは発生します。

 

  • 肌荒れが治らない
  • 乾燥でかゆみが出る
  • 化粧品でヒリヒリする
  • 肌に赤みが出る
  • 乾燥ニキビを繰り返す
  • 吹き出物が出る

 

上記のような場合は、お肌が弱っていますので、高保湿スキンケアか敏感肌用スキンケアで肌体力を回復させましょう。

 

そして、以下のような状態でも同じくスキンケアを切り替える必要があります。

 

  • いくら保湿しても潤いが続かない
  • 化粧水の後でも乾燥を感じる
  • 保湿クリームに物足りなさを感じる

 

上記のような状態は、今お使いのスキンケアだと改善できません。

 

「表面だけに水分を与えている」か、「表面に吸着してしているだけ」か、などが考えられます。

 

乾燥肌を改善できるスキンケアだと、上記のようなことは感じにくくなります。

 

今使っているスキンケアではいつまでたっても保湿できませんので、早急に乾燥肌を改善できるスキンケアに切り替えることをおすすめします。

 

乾燥肌改善には保湿の積み重ねが大切!

保湿系のスキンケアさえ使えば、乾燥肌が改善されるわけではありません。
乾燥肌の改善は、効果的な保湿スキンケアの使用と生活習慣の見直しが必要です。
お顔には、とても効果的な保湿化粧品を使っているのに、生活が乱れていては乾燥が進むばかり…。
ましてや、加齢による肌老化からますます乾燥は進むのに、乾燥改善に効果的な保湿化粧品を使っているからと安心してはいられないのです。

 

乾燥肌改善には保湿の積み重ねが大切です。
この保湿の積み重ねというのは、朝晩のお肌のお手入れに加え、体内からも保湿力を上げる努力が必要ですよ、ということです。
肌の土台を強化して、肌深部から自ら潤う肌にするには、内部と外部からの力強いサポートが必要です。
保湿の積み重ねの継続ができた時、乾燥肌は改善され日中でも肌の乾燥が気にならなくなります。
さらに改善には個人差もありますので、日々の努力が大切になってきます。
しかし、体内と体外からの保湿の積み重ねが成功すると、自分でも鏡を見るのが嬉しくなるくらいに、お肌が変わります。
ここまで、実感できれば後のスキンケアが楽しくなりますので、頑張りたいですね。

 

乾燥肌に合うスキンケアはこんな人にオススメ!

  • いつも肌がカサカサして乾燥に悩んでいる
  • 朝たっぷり保湿をしても、昼頃には乾燥を感じる
  • ひどい時は粉を吹いたようになる
  • 肌にパキパキ感があり化粧がひび割れたようになる
  • 保湿をしてもうるおいが足りない
  • 口元は目の周りなど部分的に乾燥を感じる
  • 夕方になるとほうれい線や小じわが出てくる
  • 化粧ノリが悪い

 

お肌の乾燥は、あらゆる肌トラブルにつながります。
ご自分のお肌の乾燥の程度が悪化する前に、実力高い保湿スキンケアで十分なうるおいケアをしましょう。
今できているニキビも、ちりめん小じわも保湿を十分すれば改善する可能性が高いです。
効果的な乾燥対策をすることで、肌トラブルを未然に防ぎ、乾燥知らずの美肌でいられます!

 

乾燥肌の3大悩み【小ジワ・乾燥・粉っぽさ】

乾燥肌の3大悩みは、小ジワ・乾燥・粉っぽさです。

 

小ジワ…夕方になると肌がゴワゴワ、ほうれい線や目の下に小ジワが目立つ。

 

乾燥…すぐにカサカサして、肌がピリピリ…。つねに乾燥を感じて、保湿しても乾きを感じる。

 

粉っぽさ…ファンデーションのノリが悪く、粉っぽくなってしまう。ファンデが浮いてしまい肌荒れが目立つ。

 

小ジワ・乾燥・粉っぽさの原因は何?

小ジワ・乾燥・粉っぽさの原因は、「バリア機能の低下」と「間違った保湿のやり方」が原因です。

 

バリア機能

 

どんなにすばらしい保湿成分を与えても、機能が低下しているお肌は「うるおい」が逃げてしまいます。

 

改善するには?

小ジワ・乾燥・粉っぽさの原因である、「バリア機能の低下」と「間違った保湿のやり方」を解決し、小ジワ・乾燥・粉っぽさを改善するには、ただ表面に保湿成分を塗っただけでは効果はありません。

 

保湿のカギである角質層に十分うるおいを浸透させ、その水分をキープしながら、自らの保湿機能を活性し、それらを支える機能の細胞も活性化させることが必要です。

 

そうすることで、保湿機能とバリア機能を改善させ乾燥に負けない肌へ導きます。

 

乾燥肌を繰り返さない治し方

乾燥肌の治し方を知ることは、乾燥肌を改善するためにとても参考になります。

 

ここでは、乾燥肌を繰り返さない治し方をご紹介します。

 

1、保湿のカギになるセラミドを増やす

お肌の保湿力はセラミドの量で決まります。

 

セラミドは、角層の細胞同士のセメントの役目をして、水分を抱え込んでくれる重要な成分です。

 

乾燥肌は、このセラミドの量が減少しています。

 

セラミド量が減少して、お肌の中は隙間だらけになると、その隙間から水分や保湿成分が蒸散し、肌の水分量が低下します。

 

以下の画像をご覧ください。

 

セラミド量が減少した結果乾燥している

乾燥肌・肌荒れ

 

セラミドが減少した状態では、いくら保湿をしても水分を抱え込む力が弱いため、水分がすぐ蒸発し乾燥します。
肌荒れもつねに出来ている状態になります。また、外部刺激が侵入しやすくなるので、肌トラブルが続きます。


 

では、次の画像をどうぞ。

 

セラミドが豊富で潤いが続く

潤い・ハリ・ツヤ

 

セラミドが豊富で、お肌の中は隙間なく満ちています。水分をしっかり抱え込めるので水分量も高く、夕方になっても乾燥を感じにくいです。
また、ハリ・ツヤも良く、血色も良いので健康的であり、肌トラブルもほとんどありません。


 

乾燥肌の改善には、セラミドを増やす必要があります。

 

ですので、おすすめするスキンケアは、セラミドを増やせるスキンケアです。

 

セラミドを増やすと、長時間保湿が実現します。

 

乾燥・保湿ケア

 

2、保湿力を復活させる保湿美容液を取り入れる

もし、今のスキンケアに一品足すなら、保湿力を復活させる保湿美容液がおすすめです。

 

保湿美容液の保湿成分でおすすめなのは、

  • セラミド
  • ビタミンC誘導体
  • アミノ酸
  • ライスパワーNO.11エキス
  • プロテオグリカン(真皮ケア)

 

これらは、お肌のセラミドを増やす作用があります。

 

※プロテオグリカンは真皮層で活躍します。

 

乾燥肌改善はしたいけど、使っているスキンケアをガラっと変えたくない時は、上記の保湿成分配合の保湿美容液を取り入れるのがおすすめです。

 

3、保湿クリームは必須!乾燥を感じたら昼間でも迷わず使うこと!

保湿クリームは、表面に吸着して保湿・保護の役割をします。

 

前につけた化粧水や美容液の密着度を高め、保湿クリームに配合されている美容液の浸透も高めます。

 

乾燥肌には、保湿クリームは必須です。
なぜなら、水分蒸発を防ぎ、ごわついた角層を柔らかくしながらうるおいをキープをサポートするからです。

 

保湿クリームは夜だけのものではなく、日中でも乾燥を感じたらつけるということを繰り返してみてください。

 

続けていると、お肌が柔らかくなって透明感がアップし、乾燥が気にならない潤い肌になれます。

 

4、乾燥させないスキンケア方法を行う

熱いお湯は使わない。温度は人肌がおすすめ!

「熱いお湯での洗浄はしない」というのは、今や常識になりました。

 

熱いお湯だと必要な皮脂までも取り除いてしまうので、いくら効果の高い保湿成分を浸透させても効果は出ません。

 

お顔を洗う温度は、人肌程度のぬるま湯がおすすめです。

 

ローションパックは3分以上しない

乾燥肌のローションパックで間違いやすいのは、ローションパックのパック時間です。

 

ローションパックは3分程度が理想です。

 

ローションパックを長めに置いても、体温でコットンが乾いてきます。
そうすると、今後はそのコットンが肌の水分を吸ってしまいます。

 

せっかく水分や栄養を与えたのに、コットンに吸われるという悲しい結果になるんです。

 

ローションパックは3分程度でも、十分効果を発揮します。

 

過剰なパックは、かえって乾燥肌を悪化させてしまいますので注意してください。

 

5、毎月の不調期を把握し、事前に保湿対策を打つ!

毎月、毎日、お肌の調子は違います。

 

その期間でも不調期がありますので、毎月の不調期やお肌が不調になりやすい時季を把握しましょう。

 

そうして、事前に保湿対策を心がけることで、乾燥肌の不調期を乗り切ることができます。

 

例えば、

 

生理周期は、生理前になるとお肌のバリア機能が低下しますので、ニキビや肌荒れが出来やすくなります。

 

生理前は保湿力の高いスキンケアでケアをすることがすすめです。

 

さらに、

 

残業、飲み会などは、生活リズムが崩れるばかりか、肌荒れを起こしやすくなります。

 

特に、乾燥肌のお手入れが手抜きになってしまいますので、事前に高保湿スキンケアで保湿力を上げることがおすすめです。

 

まとめ

乾燥肌を繰り返さないスキンケア方法は、ちょっとした防止策にあります。

 

事前に対策をしておくことで、乾燥を予防するのです。

 

そして、必ず紫外線対策も忘れなくやりましょう。

 

紫外線ダメージは、乾燥・シワ・シミ・たるみなどエイジング悩みも招きます。

 

乾燥させないスキンケア方法は、防止策だということを覚えておきましょう。

トップへ戻る